ひろ: 2013年12月アーカイブ

2013年ももう終わりですね・・・。

 

年内の調剤業務は明日で終了です!

今年は冬休みが約1週間あるので、これまで忙しくてあんまりできなかったことをいろいろやろうと思います!

あ、でもその前に年賀状書かなきゃ・・・(汗)。

 

今年は12月のあたまはそれほど忙しくなく、結構時間があったので、やらなきゃいけないことものんびり少しずつやっていこう~なんて思っていたら、ペースがのんびり過ぎて結局12月後半にバタバタと終わらせているような感じです(汗)。

結局こうなっちゃうんですね・・・。

 

よし、来年の目標は「何事も計画的にコツコツと」にしよう!

うまい具合に五七五になりました(笑)。

 

そんな感じで、来年もどうぞよろしくお願いします~。

それではみなさんよいお年を!

もともと細かい作業が好きで何かを作るのが好きでした。
ちょっとしたきっかけで知ったフェイクスイーツ、通信講座でもあるくらい
メジャーな趣味だったんですね。
個人でネットショップを開いている方もたくさんいるようです。

まずは必要なものをそろえようと思い、本を読んでみると
100円均一等で揃う道具が多く、残りもホームセンターで揃いました。
粘土にこだわりがある場合は大手手芸店などでないと手に入らない物もあるようですが。

最初は「ん?」とか思うような作業も多かったんですが
基本のパーツ作りはそれほど難しくないように感じました。
ただ、焼き菓子等は焦げ目をつけるのにセンスが必要に感じます。
ある程度はできるのですが、見て「いいな。」と思えるように色を付ける事は
遂に私にはできませんでした。
つまり、センスがないんですね。

それともう一つ、作ったパーツを可愛く並べる作業......いわゆるデコる作業ですが
これが一番センスが必要な事のようです。
一つ一つのパーツは悪くないのに並べると子供のいたずらの様になる......
どこがどう違うのか、ごてごてしているだけで見ていても
楽しくないものが並んでいくのは見ていてつらいものです。

やはり人気のフェイクスイーツ作家さんはパーツを作る技術もさることながら
デコる作業の結果出来上がった作品が素晴らしいです。

お菓子を並べた物なのにまるで宝石のように光ってます。


なるほど、フェイクスイーツの作成に必要なのはセンスだったのか......
と気付き作られたパーツの群れの行方に悩む私でした。

某オークションでパーツのみで出品しちゃおうかな......。

あと余談ですが最近FXの口座を開設しました!
FXトレードフィナンシャルというMETATRADER4の業者です!
頑張るぞ自動売買!

このアーカイブについて

このページには、ひろ2013年12月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはひろ: 2013年11月です。

次のアーカイブはひろ: 2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク