2014年7月アーカイブ

転職市場は常に募集している企業もあれば、すぐに応募が一杯になり満足する企業もあります。この差はやはり待遇や職種などで大きく違ってくるのでしょうが、一番大きいのはやはり「積極性」ではないかと考えています。企業が転職希望者に向けて、自社の紹介や積極的なアピールをすることをしない限りは、転職を希望している人にダイレクトに届くことはありません。農業法人の転職・求人などは最近はやっていますがどうなんでしょうか。

普段から何気なく活動している人も、そんな熱いメッセージを受け取ったのならば行動を改める可能性もありますよね。そこをしっかりと認識していないと、大変なことになりますし、それではどんどん他社に優秀な人材を持っていかれてしまう可能性もあります。労働人口が減少している現在では、人材の囲い込みと外部へ流出させない仕組みを作り上げることが大事だと言われています。

普段から何も変わらずに採用活動を続けている企業にとっては、こうした考えを持つことは大変なのかもしれません。企業は組織が大きければ大きいほど小回りが利かないものだと言われています。その点、積極的に自社をアピールしている企業は、転職活動においても、利点の聞いた活動をしていくのだろうなって最近は考えています。これはとても効果的なのではないでしょうか。

このアーカイブについて

このページには、2014年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年6月です。

次のアーカイブは2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク